07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたと共にいきていく。

2011.06.17 *Fri
かなり長いこと、放置してしまいました。
時々様子を見にお寄りいただいていた皆様、だいぶお久しぶりです('-^*)/
いつもいつも変わり映えしない画面でホント、すんません(^o^;)

最近の私の近況はと申しますと、スタッフの縮小で休みなく毎日シフトに入ってるような
態でして。
正直、真っ黒なタイムカード見て、気持ち悪くなったりもしてます(苦笑)
もう既に、21連勤…
そしてようやく本日、お休みを頂きました~

あと…近況といえば。
密かに仁ツィを夜中に遡って、ニヤニヤしてるとか(笑)
そうだなぁ…
次女が第2外国語に韓国語を選択した関係で、韓流ドラマなんか2人で見て勉強したりとか。
むふふ…
ぐんちゃん、可愛いですね~ヾ(≧∇≦*)ゝ

それから、そんな韓国語繋がりから、KポップをWebから落としてきて聴いたりもしてますよ。
今のお気に入りはSS501というグループ(残念ながら現在は活動休止中)なんですけど、
なぁんとなく仁が居た時のKAT-TUNに雰囲気が似てるんですよ。
どこがってワケじゃないんだけど、何故かダブって見えちゃって、懐かしく甘酸っぱく、
切ない気持ちになりながら、PV鑑賞したりしてます(*^_^*)


さて。
私が仁に恋焦がれて日々を過ごすようになってから、実に丸6年という月日が流れました。
本当に、あっという間に駆け抜けた6年でした。

初めて出会った頃の仁はまだ少年の香りを残しつつも、尖ったイメージの中にどことなく
儚さ、危うさが感じられて、どこまでもあたしを切なく翻弄したものでした。
彼を、あんなにも優れた容姿と才能と閃きとに満ち溢れた赤西仁という人間を、
あたし達の見えない世界に行かせたくない…
そんな、危機感にも似た切実な思いから、不慣れなブログを必死に立ち上げたのでした。
以来、こんな弱小ブログをどこからか探しあてて下さって、
本当にたくさんの方にお寄りいただき、またお友達になっても頂きました。
仁の話半分、家族の話半分と、芸能人応援ブログとしては何とも中途半端な(笑)感じのする
内容にも関わらず、そして毎回長くなってしまうエントリーを、
我慢強く読んで下さった皆様には、心から本当に本当に感謝しています。


ここ一年余り、人生の節目に掛かったのでしょうか。
いろんな出来事が一度に、あたし自身や家族の身の上に起こりました。
そしてそのいずれの騒動も、未だ解決を見ることなく継続中の状態です。
もしも…
もし今も、仁がジャニーズのアイドルグループの一員としていたならば…
きっとあたしは現実の生活での混乱と、日々彼を追い掛けていたいという激しい欲求が
満たせずに悶々とするばかりの感情とに、押しつぶされてしまっていたかもしれない。
最近ふと、そんなことを考えたりします。

彼が今、自分の歩く速さで、世界に目を向けて歩き出したことで、実際距離感としては
世界を渡り歩くことになった分だけ、遠くなってしまったのかもしれない。
このところ、仁を思って日に何度となく見上げる空も、思えば目線は以前よりずっとずっと
遥か彼方になりました。
↑ホントにマジ遠いし、ロンドンなんてさ…(;_;)

だけど…
あたし個人の人生においては、ひと呼吸置いて自身のこれからをじっくり見つめるだけの
時間的余裕を与えてくれたのも、紛れもなく今の仁の活動のスタンスだったりするんだよなぁと、
そんな風に思ったりもして、ね。


ここで、あたしの母の話を少し、させてくださいね。
彼女は昔からそれはとても厳格な性格で、世間体を何より重んじる女性でした。
子供は親の敷いたレールの上を大人しく歩けばよい、それが出来ない子供は
やがて人生の落伍者になる…
そんな考え方に、あたしはずっと長いこと無言の反発を繰り返しオトナになりました。
正直言って、母が苦手…というより、あまり好きではなかった…

その母は今、治る見込みのない辛い病気と戦っています。
レビー小体型という種類の認知症です。
見えるはずのないものが次から次へと見えたり、大切な人の姿が悪意を持った違う人間に
見えてしまったりする病気です。
特効薬も、進行を遅らせる治療もまだなくて、認知症の中でも介護側にとっては
一番厄介な部類とされている病だそうです。
昨年後半辺りから進行が急激に早まり、最近では徘徊や失禁などの症状も出始めました。
妄想に踊らされて、パトカーを呼ぶことも一度や二度ではなく…(^o^;)
一昨晩も父から呼び出され、真夜中の実家にかけつけてみると、
母から外に出されて鍵を締められてしまった父が、途方に暮れて雨の降りしきる中、
傘を差してしょんぼり立ってましたっけ。

あの、自分にも他人にも等しく厳しかった母が、今は私の目の前で子供のように
ホロホロと泣いたり、父への張り裂けんばかりの恋愛感情と嫉妬心を剥き出しにして
ぶつけて来たり…そう、だけどそんなにも大切な父の顔が分からなくなってしまって、
平気で家から追い出したりしてしまうのです。

妄想って、ね。
あたし達にとっては至福の作業じゃないですか。
決して届くことのない仁への思いを、
あたし達はどれだけ妄想の世界で自由に泳がせてきたことか…
でも、母の妄想はひたすら自分の生命をも脅かすような、
自分の存在を否定されてしまうような、それはそれはどうしようもなく辛い、
残酷なビジョンばかりなんですよ。

そんな…朝、起きた瞬間からその日の終わりまで、妄想の中に登場する父の愛人や
得体の知れない獣と飽くなき戦いを続けている母の傍らにいて、一緒になって
ソイツ等を一匹一匹追い払いながら、あたし最近になってようやく
気がついたことがあるんですよ。

ひとりで立派にオトナになった気でいたけれど。
この人は今までどれだけ多くのことから、
こんな風に追い払ってあたしを守ってきてくれたんだろう…
あたしを愛してきてくれたんだろうってことに。
厳格な言葉も、態度も、激しい叱責も、
全てその裏側には大いなる母の愛が存在していたんですよね。

…まあ、今更かよって感じなんですけどね(笑)


そんな訳で私。
今まで生きてきた中で、働かせたことのない脳みそをフル稼働させて、
長いこと…本当に長いこと考えに考えて、ひとつの結論にたどり着きました。

これから、大急ぎであらゆる身辺整理をして。
きっちり断捨離を済ませて。
大切な子供達を連れて、夏が終わる頃までに実家に戻る決心をしました。

実家は今、無音の世界です。
母が嫌うからと、クラシック好きな父も一切、大好きな交響楽を聞かなくなりました。
テレビもラジオも無用の長物…
そんな場所ですから、今まで採り溜めたり買い集めたたくさんのステキ仁も、
そっと忍ばせて帰ることになりそうです。
仁の愛で方も、だいぶ様変わりさせなくてはならない…
そんな覚悟も一緒に決めた時点で、このブログの継続も難しいなぁという考えに至った次第です。


まあ…ね。
いろいろと内情を思い付くまま書いてしまいましたが(^o^;)
意外と気持ちは晴れやかだったりします。
元々、お気楽な性格なもんで、実際のところは何とかなるサ的な(笑)
楽観的な気持ちなんですよ。
それに、仁と時期を同じくして、新たなステージを一歩踏み出そうとする
意気込みもあるんです。
彼が、もう決して迷ったりしない赤西仁という人が、
あたしの日々の糧に、あたしの道しるべになってくれると思うから。

赤西仁…ホントにスゴいオトコです。
初めはぽっかり空いた寂しさを癒してくれる存在だった。
あたしの奥底に中に眠っていた、
誰かを心震えんばかりに思う気持ちを引っ張り出してくれた。
たくさんの、同じ思いを共有出来るお友達にも出会わせてくれた。

そして今は…

ずっと先をひたむき歩きながら、
あたし達の未来をも明るく照らしてくれている。

不安は一杯、正面からぶち当たろうとするとつい足が竦んでしまうけれど。
だいじょうぶ…な気がします。
仁が、ああやって己の信じる道をひた走ってくれている限り、
あたしも大丈夫だって…何故だか確信出来るんです。

実際、このような形でブログを閉鎖することになるとは、
つい最近まで思ってもいませんでしたが…
今後は数ある仁の応援ブログをこっそり覗きつつ、
あたしなりのスタンスで、のんびりと彼の今後の活躍を応援していこうと思っています。


長々と、お読み頂きありがとうございました。

本当にね、お名残惜しいのだけれど…

皆様、どうかどうか、お元気で!
そして、仁に元気をもらいつつ、
お互いに一度きりの人生、
これからも笑顔溢れる日々を、精一杯過ごしてゆきましょうねo(^-^)o
スポンサーサイト

とびきりのサプライズ♪

2011.04.24 *Sun
前回のエントリーから早くも1ヶ月。
雑誌タワーの解体はどうなりました?というお便りを頂きましたが…

ミッション、遅々として進まず(爆)

日記と言い、家計簿と言い、ダイエットと言い。
初志貫徹という言葉が、どうもあたしの手持ちの辞書には載って無いようです(^o^;)
ふふふ…期待を裏切らないオンナ、みずおでございますことよ←何故かドヤ顔(笑)


ところでところで。
まあほんとにもー
どんだけあたし達をびっくりさせてくれちゃうんだか、仁は!
ジャニーさん以上にジャニってますね(笑)

じん~ヾ(≧∇≦*)ゝ
遅ればせながら…
ハリウッドデビュー決定、
おめでとう~(≧▽≦)



なんと、正式にオーディションで役を勝ち取ったのね!
赤穂浪士の一員である大石主税といえば、一番若くて一番男前で、一番に潔い、
日本男児のお手本のように素敵な人物なんですよね~
日本は今、原発問題でやむなく公共の海を汚染してしまったりと、世界各国の皆様に
多大なご迷惑、ご心配をおかけしちゃってるけれど。
震災後の復興にかける日本人のひたむきさや懸命さ、秩序正しい振るまいに、
全世界から賞賛が集まっているこの時期、四十七士の仇討ち話はかなりインパクトが
あるのではないでしょうか。
また、仁の類い希なパイオニア精神も、それだけでもう、被災地で頑張っている若者への
大いなるエールとなるのではないかと。

着実に、チャンスをモノにしているかのように見える仁だけど。
ツィには
「どうせ落ちるだろうって思いながら、とぼとぼオーディションに向かったら、受かってた」
な~んて書いてあるところを見ると、もしかしたらこれまでも何度となくチャレンジした
経緯があったのかもしれないなぁ…なんて思ったりもして。
全米デビューにしても、ハリウッドデビューにしても、ここまで来るまで、
決して平坦な道のりではなかったんだろうな。

敢えて、そういう水面下での足掻きを見せたいと思う人ではないけれど。
彼のような魅力的な人生の歩き方、足跡を辿ってくれるような番組が、
この嬉しいお知らせをきっかけに出来るといいなって思いますね。

ああ…それにしても。
ハンガリーなんて遠い遠い初めて訪れる異国の地で、日本の震災のニュースを知った時の仁は、
どんなにか心を悩ませ、愛する家族や友人達に寄り添えないことを歯痒く思ったことでしょうね(;_;)
あたしも、震災の日はわずか三時間という短い時間でしたが、息子と連絡がつかず、
半狂乱になってましたものY(>_<、)Y
永遠にも思える程に長い恐ろしい時間だった…
当時の気持ちを思い出すにつけ、あの時遠く日本から離れていた仁の苦悩が、
この身を締め付けます。
そんな、いたたまれない思いが増幅して、ホームシックに拍車をかけているらしいつぶやきを
時折目にしては、こぶしをギュッと握って、「仁、がんばれっ!」と叫んでいる仁担は、
きっといっぱいいる。

仁、あたし達も日本で、みんな頑張っているからね!
まだ時々揺れて、地震酔いのふわふわ定まらない感覚の中で、
時々無性に不安に駆られたりもするけれど。
時折仁がツィッターを通して発してくれる近況に胸躍らせながら、励みにしながら、
毎日を元気に過ごしているからね。
どうか、その手でギュッと掴んだ新たなチャンスの神様の前髪、
放さずに素敵なお仕事全うしてくださいo(^-^)o

仁…
大好きだよっ

ジャニーズブログランキング投票☆よかったら押してってくだぱい!

近況報告

2011.03.21 *Mon
みなさん、おひさしぶりで~す('-^*)/
地震の際は、お気遣い頂きまして、ありがとうございました。
みずおも家族も、みな無事で元気に生活しております。

生まれて初めて経験する、強く長い長い揺れ…
それもそうですよね、千年単位に一度、地軸までも揺らす
地球規模の大地震だったんですもの。
てっきり東海沖地震か、いや、千葉を襲う直下型地震かと思っていたら、
何と震源地は宮城県の沖だったなんて…
ラジオでその事実を知った時は、愕然としました。
震源地に近い東北の皆さんのショックはどんなだっただろうかと…

実は、学生時代に一番仲の良かった友人が宮城にいて、被災直後から全く
安否が分からなくなっていました。
この一週間は、彼女の安否確認と、未だ続く余震への恐れ、不安に終始して
過ごした感じでしたが。
昨日、ようやくその彼女が無事であるということが分かり、本当に本当に
安堵いたしました(;_;)
まだ、人を介しての情報なのですが、津波で壊滅的な被害を受けた地域なので、
もう少し落ち着いたらコンタクトを取ろうかと考えています。
ともあれ、生きていてくれて本当によかった…(〒_〒)

これで、ようやく私も気持ちの上で一歩、前に進めそうo(^-^)o
今までほんと、ずっと気に掛かって、日に日に気持ちが塞いでいくような、
カラダと心がバラバラに離れているような感覚だったんです。

これから少し…気分を変えなくちゃと、ね。
被災され、寒く不自由な生活を余儀なくされている皆さんに向けて、
救援の手を挙げられた各界の方々の情報やメッセージを聞いていて、
更にヘタレな自分にスイッチが入りました。

そうなんですよ。
あたしには、早急に着手しなくちゃならないことがあったんです(^o^;)

何がって…

地震の際に一気に崩れたヲタ誌のタワーの解体!(苦笑)
マズいですよ、これ。
非常にマズいです(^o^;)
もしアタシ自身が埋もれたなら、自業自得ってヤツですけど。
子ども達にとっては災い以外の何物でもないですものね。
運良く、その時うちに一人でいた息子は、そびえたつヲタ誌タワーのある部屋には居なくて。
隣のリビングで、崩壊寸前の食器棚を死守するべく奮闘していたそうで。
揺れが収まった後、その崩れた雑誌の山を見て、しばし呆然としていたそうです。
息子いわく
「初めてそこで、身の危険を感じた」と。

いや…ほんと
めんぼくない…(´・ω・`)

そんなわけで只今、急ピッチでタワーを解体中!
いや、急ピッチのはず…だったんだけど…
もう、スクラップし終えてたハズのグラチャンの時の雑誌とか、
えー探してたのにこんなとこに埋もれてた?みたいなお宝雑誌が
続々出て来ちゃって…
きゃーきゃー言いながら作業してます(笑)

そらもう、懐かしいのなんのってヾ(≧∇≦*)ゝ
アイドルじゃないって反発しながらも、アイドル的なスタイルを要求されて
葛藤してる若かりし仁の、尖った感じもまた、あたしとっても好きでした。
オトナに混じって仕事をする…
纏った重たい鎧が、ミステリアスで本当のオトナには到底作り得ない
不思議な色香を醸し出していて。
目の前のお仕事をひとつひとつこなしながら、あたしなんかが及びもつかない
色んな事を考えて悩んで、それが全て血や肉となり、
今の仁が形成されているんだなぁと。

ああ…全てが愛おしく、抱き締めたくなる仁の歴史ですぅ~(//▽//)

…とか言ってるから。
解体作業、ちっとも進まないんだけどね(笑)



最後になりましたが。
今回の地震や津波、そして原発事故により避難を余儀なくされている皆様には、
一日も早く暖かい環境と、日常の生活を取り戻されるようお祈りしています。
また、私自身も。
今自分に出来得る最大限のことを常に考えて、
日々の生活を組み立てて行きたいと思っています。


Eternalの発売、おめでとう~っ!

2011.03.04 *Fri
何だか最近、1月に一度出現するつちのこブログになっちゃってますが(苦笑)
みずお、元気にやっております。
みなさまは? 三寒四温の今日この時期、お身体の調子はいかがですか?
えっと…
下のエントリーは、3月2日に下書きしたものなんですが。
なかなかパソに触れる時間が無くて、アップが遅れてしまいました
でもね、やっぱり興奮はそのままお伝えしたいかなと思い、時間詐称はしないで
そのままアップすることにしちゃいました。
みなさまのお手元にじんじんが届いた時の興奮と重ね合わせながら、お読み頂けると
嬉しいかなって思ってます。
それでは…相変わらずなが~い(苦笑)文章になっちゃいましたが…てへっ




なんと嬉しいことでしょうか。
仁からソロシングルのCDが届きました~(≧▽≦)

いつかいつかこんな日が来ると、そのくらいのことはやってのけるオトコだと、
信じてずっと追い掛けてきたけれど。
その、記念すべきソロデビューの第1段が、こんなにも優しく温かい心に染みる楽曲で。
それがまた、あたし達ファンへの感謝の気持ちとして選んでくれた楽曲だったということに、
改めて幸せを噛みしめています。

また、ね。
ジャケットがいいよね~(≧▽≦)うきゃきゃっ
凱旋ライブの時にも仁から「一本の映画を観るように楽しんでもらえたら」というメッセがあり、
実際、随所にその意図を感じさせる素敵な演出が散りばめられていましたけど。
このシングルジャケットにも、ドラマが感じられますよね!
なんでソロデビューのジャケ写が背中?なーんて、JWebのインフォメーションを見て
一瞬思っちゃったりしたこともあったけど(^o^;)
実際に手にとってみると、この背中こそが楽曲の背景とか様々なイメージを
掻き立てるというか、ね。

心に残る出来事があった、ある日の終わり。
高揚した気持ちそのままを抱いて帰宅する。
何だかほっかり温かくて。
穏やかで、HAPPYで。
この気持ちを今、すぐ、どうにかして、大切な人達に伝えたいけれど。
だけど口にするのは今さらで、何だか恥ずかしくて…
それでもどうしても伝えたい。伝えずにはいられない!
…それならば。
詞にしてみたらどうだろう?
唄に乗せてみたらどうだろう?
そんな衝動に駆られて机に向かい、一心にペンを走らせる…

仁の静かな背中からあたしの脳裏に浮かんだのは、そんな不器用なオトコの
ピュアなイメージでした。

例えばPVの冒頭に、そんなワンシーンを加えるのもひとつの方法だったかもしれない。
でも、仁は、ジャケ写一枚でひとつのドラマのワンシーンをも再現させてしまった。
この人のトータルプロデュース力は本当にスゴいなって、思わず唸ってしまうほどです。

PV本編はあくまでシンプルに…
セピア色な画面が、過去から現在を経て、この先もずっと変わることのない
確かな思いを表現していますよね。
実はね、PVは次女が一緒に観てくれたんです。
最初「え~せっかくのPVなのに普段着?!」
とか、やんややんやツッコミ入れつつ見ていた彼女が、
やがて無言になり、食い入るように画面を見つめてました。
そして見終わった後ぼそりと
「いい曲だねぇ~
…っていうか、赤西クン歌うまいよね、うまくなったよね…
いや、びっくりしたわ。
こんなうまかったんだ、この人…」
って、呟いたんですよo(^-^)o
まぁ普段からほとんど褒めたことがない、クールな娘なんですよ。
聴いてるジャンルだって、ナイトメアとかガゼットとか10フィートとかホルモンとか…
とにかくヘビーなロックなんかが中心なんですもん!
それがねぇ…
…そう。
歌がうまいっていうのは多分、上手に歌うっていうことじゃなくて。
つまり…「届いた」ってことなんじゃないかと。
仁の大切な思い、曲に乗せた愛する人々への感謝の気持ちが、
ちゃんと聴き手である娘にまっすぐ届いたってことなんだなと、
娘の表情を見てそう感じたんです。

…もう、ね…嬉しかったぁ~(〒_〒)

次女は来週いよいよJKを卒業します。
そして桜咲き誇る4月になると、今度は大学生として、新たな一歩を踏み出す予定です。
この、彼女の人生における最初のターニングポイントで、
Eternalという曲を聴かせてあげられたことは、きっと彼女自身の心境に、
そして今後の人生に、何らかの影響を与えたんじゃないかと、あたしは確信しています。
そしてそれは、取りも直さず、この時期に仁があたし達に向けて
Eternalをプレゼントしてくれたおかげなわけで…

仁…じん。
本当に本当に
心から感謝していますよ、あたし(涙)

願わくば…もっともっと。
この曲を多くの方々に知っていただきたい。
どうか街角で、お店の中で、Eternalが聴こえてきたら、
立ち止まって耳を傾けてみてください。
きっと、大切な事に気付き、心揺り動かされ、癒やされ、
そしてまた明日を頑張る元気が湧いてくるはずですから。


大好きだよ、仁!

ジャニーズブログランキング投票☆よかったら押してってくだぱい!


平成23年2月11日

2011.02.13 *Sun
みなさま、本当にお久しぶりです(^o^;)
えらくご無沙汰してしまって…相変わらずのんびり屋の癖が治らない
みずおでございます。あはっ(^O^)
実は。
2月11日、仁に会いに行って参りまして。
その時の感動を形にして残しておきたくて、ふらっとこちらの世界に戻ってきました。
久しぶりで、ちょっと不慣れな(苦笑)ラブレターを綴ったので。
こっそり…あげておきます。

本日は武道館、最終日ですね!
次女の受験日だけに気を取られておりましたら。
本日は長女の合唱サークルの、年に一度の定期演奏会の日でした(汗)
うっかりしてました…
こういう時、長女ってなかなか積極的にはアピって来ないものなんですよ。
遠慮…してたんだろうな…かわいそうに
そんなわけで。
武道館にこっそり思いをはせつつ…
そちらにうっかり足が向かないように気をつけつつ(おいおい…)
これからまた、中1日で上京いたします~♪



Dear.仁

今日は、幸せなひとときをありがとう。


…ただ、この世界に居てさえくれたらいい。

キミがかつて、あたし達の前からふいに姿を消したときは、
そんな風に切望したこともありましたっけ。
キミの生まれ持った類い希なる容姿も、才能も、十分承知してはいたけれど。
キミそのもの…存在すること自体が、究極の願いだった…
そんな時期があったことを、遠い昔のことのように思い返しながら。
あたしは今日、キミがステージ狭しと繰り広げるパフォーマンスや、
光と音の世界に、改めてどっぷりと引き込まれていました。

居てくれさえすればいい…なんて。
あたしはまた随分と、キミを見くびった事を思っていたものです。

会場全体、隅々までが、キミの思い描く未来の光と色とで埋め尽くされ。
ショーは幾重にも緻密に計算しつくされた、隙のない構成。
キミの歌声は時に伸びやかで、
時には隣で語り掛けるかのように穏やかで。
そして。
あたし達への愛で満ち溢れていましたね。

あれほどの才能を、ほんの一時の独りよがりの欲望から、
既存の小さな箱に閉じ込めてしまわなくて、本当に良かった…
今はそんな気持ちでいっぱいです。

会う度に、驚くほどの速度で成長し続けていくキミを、
ほんの少しだけ淋しい…と思ってしまう。
その気持ちには抗いようがないけれど。

あたしは今日、改めて思いました。

あたしの夢…それは。
赤西仁というヒトの、更なる高みへの到達。
キミは、必ずやその光の差す方向に、迷わず向かってゆくでしょう。
そして。
どんなにその背中が、小さく遠く届かない場所まで離れようとも、
あたしはキミを追い続ける!


本当は…ね。
こっそり、白状しちゃおうかな。
キミががっつりダンスしたり、歌い上げている最中にも。
ふいにあたし達に背を向けて、ふるふるっと汗を散らすみたいに
ほわほわパーマの髪の毛を揺らすその仕草が、
まるでプードルみたいに可愛らしくて。
本当に、それはもう…なんというか、愛しくてたまらなくて。
そのたびにキュンと心臓の音が跳ね上がって仕方なかったの。
研ぎ澄まされたパフォーマンスにワクワクしながらも、
ああ…あのくりんっと元気に跳ねた、柔らかい後ろ髪に触れたい、
クシャクシャってしたい~っ…なんて。
ゴメンナサイね、
相変わらずそんな不届きな妄想を思い浮かべてしまったあたしです。

アーチストとしてのキミの魅力にどっぷり浸かりつつ。
それでもあたしにとってのキミは、
どこまでいっても、
最愛にして最強、唯一無二の男性であることに変わりはないわけで。
これから先も、こんな風にキミのことを、
勝手に近くに感じて、心振るわせ
happyな気持ちになってしまうだろうあたしのことを、
どうか許してね。


お疲れ様でした、そして。
最高でした、仁!
明日を生きるための希望と元気をくれたキミの存在まるごとと、
その素晴らしいパフォーマンスに、
心から感謝しています。


愛してるよ…仁


ジャニーズブログランキング投票☆よかったら押してってくだぱい!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




くりおみくじ

ようこそ~☆ ふるふるにいらっしゃいませ! あなたの本日の運勢はいかがかしら? 占ってみてちょ(笑)



FC2カウンター



プロフィール

みずお

Author:みずお
B'zファン歴14年越し。殿堂入りの稲葉サンに加えて現在、赤西仁クンを溺愛中。『anego』での運命の出会いから早6年。全身全霊をかけた『最後の恋』に爆走しつつイタい日記を公開しています。3児のダメ母。長女がブログの大先輩です。リンク&コメント大歓迎です。リンクフリーですが、一言お声を掛けて頂ければこちらからも貼り返します。なお、リンク・コメント・トラックバックはこちらの独断で削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。





最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



月別アーカイブ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブログ検索



ランキング投票参加中!

ジャニーズブログランキング



じんじんのお部屋



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



Copyright © ふるふる All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。