09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

This Category : 稲葉浩志

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛をこめて…稲葉浩志さま。

2009.09.23 *Wed
あたしの永遠のおもいびと、稲葉浩志さま。
お誕生日おめでとうございます。

アナタと共に人生を歩んで、15年という年月が経ちました。
その間、幾度となくあたしの気持ちを救ってくれ、励まし、
そうして歌い続けてきてくれたことに深く感謝しています。
アナタと初めて出会った時に、お腹に宿していた命は今、
すくすくと成長して、アナタの歌が大好きな優しい息子に育っています。
アナタがもしも、この世に居なかったら。
果たして今、息子がくれるこのシアワセを、あたしはちゃんと
握っていられたのだろうか…
そんな風に思うのです。

先日、あたしはアナタとの出会いを、息子に話して聞かせました。
彼はずっと黙って聞いてくれたあと。
「B'zの曲が、他の歌より特別って思えるのは、
生まれる前からずっと聴いてたからなんだね」
と、感慨深げにそう答えてくれました。

涙が溢れました。
あたしが大切に抱えてきた思いは、他人からしたら大層滑稽に
思えるのかもしれない。
でも、アナタの歌へのあたしの思いを、他でもない、彼が理解して
くれるなら、それで十分だと思えたのです。

たくさんの、他人の人生を背負って、常に前を向き続けることは、
とてもとても大変です。
時々、しんどいと思う事もあるでしょう。
それでも…
どうか、これから先もずっと歌い続けて下さい。

アナタの歌が
アナタの存在が
あたしの生きる支えです。


次のライブでまたアナタにお会い出来ること、
心から楽しみにしています。

スポンサーサイト

美しきロック魂。

2008.10.07 *Tue
昨晩、B'zの特集がNHKでありました。

いや~
あれだけライブの時に、スクリーンにデカデカと告知されて
あったのに…

(^o^;)すっかり忘れてましてん(笑)

何せ、クラブ通い大好きでほっとくとすぐに風邪をお召しになる
美仁の若いツバメちゃんに、すっかり翻弄されまくってた
もんですから(爆)(私信☆Nちゃん情報あざーす)
で。何とか無事録画しつつ、リアルタイムで観ることが出来ました。

いゃあ…なんというか。
驚きました!
マラソンは日々欠かさない。
喉を保全のためにハーブティーを常備している。
夏でもクーラーは使用しない。
加湿器を絶えず使用。
そこら辺までは情報として知ってましたが。
楽屋の入り口部分に目張りをしてまで、クーラーの冷気を室内に
入れないようにするだとか。
夏でも体を冷やさぬよう鍋物を欠かさず食べるなどの、徹底的な
食へのこだわりぶり。
リハ中、ずらりと一列に並んだ加湿器の口から、稲葉に向けて一斉に
水蒸気が噴射されてる様には、思わず声を失いましたね(苦笑)
「ストイック」という言葉は、まさに稲葉浩志のために存在するのでは
ないかと。
こんな風に書くと、「ロッカーがカラダ労ってるよ」なんて。
4コマの風刺漫画かなんかで取り上げられそうですが(^_^;)
そういうんじゃないんです。
稲葉浩志という人はライブのために、自身の生活の全てを注ぎ込んで
いるんですね。長い一生のうち、ライブの時間なんて喩えれば瞬き
程度の比重しかないでしょう。そのほんの一瞬のまばたきのためだけに
己を強く自制し、ひたすらカラダをしぼり、トレーニングに励む。
まさにこれこそが「ロック魂」なのではないかと。

対して、松本サンのインタビューでは「感覚」とか「野生の勘」とかいう
言葉が繰り返し飛び出してきて。
ああ…この人はやっぱり、天賦のギタリストなんだなぁと
思い知らされます。
その松本サンがですよ。
新曲グローリーディズのメイン部分ではなく間奏部分の、それも僅か
2小節分のギターソロのメロディーに何ヶ月も拘り続けたという事実を
聞かされて、愕然としましたね。

稲葉の徹底したセルフコントロール。
松本の一切妥協のない音への拘り。
そんな姿を見て、あたしは今まで何も知らずに、なんて極上の贅沢を
この人たちに与えてもらっていたのだろうと思い知らされました。

それにしても…楽しそうだったなぁ、お二人。
リリックと旋律を合わせていく作業のところで、
なんか見えちゃうんですよねぇ、絆が。
血より濃いものを作ってきたお二人。
どこまでも。傷付いても。これからも…
荒野を力強く走り続けていってほしいです。



LIVEの余韻

2008.09.23 *Tue
昨日はおやすみデー。
夕方、息子の林間学校の説明会が始まるまでの間、
お友達と港近くに新しく出来たレストランのランチバイキングで
まったりしてきました~(^O^)
20080923081428
20080923081426

ケーキだけでも十分食べごたえある量となかなかのお味。
それはもう、めっちゃ満足だったんですが…
駐車場からお店に向かうちょっとした距離でも、お買い物に寄った
スーパーでも、なぜか必要ないはずの傘が手放せないあたし…
それを見た友人の指摘
「あなたそれ、ひょっとして杖にしてない?」

がーーーーーん…( ̄□ ̄;)!!

そうなんです。
無意識のうちに傘を杖にしてしまう程、昨日のあたし、足腰が
ガタついてたんですね~とほほ
…ええ。
原因はいわずもがな(笑)
昨晩のB'zのライブGYMですよ。
いや~もう、飛んだり跳ねたりラジバンダリ~で(笑)
すっかり全体力使い果たしましたわ!
…つか、カンペキ、燃え尽きた~(´Д`)=з

今回、ステージに向かって右側スクリーンの真ん前辺り、
前から10列目のアリーナ席で。
久々にめっちゃ良席だったんですよ
断続的に、雨ガッパも通す強い雨の降りしきる中、
びちょびちょになりながらの参戦でしたが(苦笑)
まぁもう、正直そんなことぁどーーーでもいい程に笑って
歌って震えて…感動に涙した、素晴らしいひとときでした。

見所はもう数え切れない程あったんですが。
バンド20才のお誕生日ということで。
ちょうど20年前にB'zが誕生した当時の思い出話をはじめ、
いつもよりたくさん松本サンがMCに参加してくれたのが嬉しかったです。
エピソードとしてはかねてより有名だった、とあるスタジオでの
お二人の最初のセッションの様子なんかを、実際に再現してくれたり。
ああ…
稲さんのブルースハープと松ちゃんのギターの掛け合いから
「Don't leave me」への流れは、地面に足がめり込むんじゃないかって
ぐらい興奮して力が入ったなぁ。
オーディエンス参加型の振り付きの曲も、たくさんやってくれたし。
稲さんのシャウト、もーーーぶるぶる震えた~ヾ(≧∇≦*)ゝ
いつもより3割り増しのシャウトをしてなお、最後まで枯れることない
あの圧倒的な声量とピッチの安定感にも、改めて驚かされました。

魅惑の腰回しに毎回鼻血ぶーな仁担のみなさん(笑)
今回、稲葉の腰の振りもね。
…3割り増しだったよ(爆)(//▽//)
もう、目の前でぐぃんぐぃん、これでもかってくらい振るわ回すわで。
鼻の奥が思わずツーーーンと…
ヤバいヤバい(^o^;)

途中、スクリーンにデビュー当初の、これまた盛りがついた犬みたいに
むやみやたらと腰を振る稲さんが映し出された時には…
笑った!
爆笑(≧▽≦)
周囲の若いお嬢さんなんか、むしろ若干引き気味でしたけど(爆)

…あんな時代もあったねと~♪

そういや…あれってちょうど今の仁くらいの年の頃だったのよねぇ。
…アレが。
20年を経ていぶし銀のあの腰振りへと進化したわけで。
そこでちょっとアタシ、仁を思い出してましたね。
今すでに、絶妙な腰振りであたし達を悩殺して止まない仁が、
20年経ったらステージでどれだけのフェロモンを垂れ流すのか…

:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

でへでへ…(激妄想中につきモザイク加工)

いや~
考えただけでも…末恐ろしいや(//▽//)爆

ここまで第一線をひた走って来られたお二人が、20年という
節目の日に誓ってくれた言葉がまたシンプルかつ素晴らしいんだ…

「ボクたちはもっともっと勉強して、もっともっと練習する…」

スゲーな、この人たち…って思ったなぁ。
まだまだ頑張らなきゃだわ、あたしもっ!o(^-^)o
…つか。
足腰の鍛錬、がんばろうよ~自分
いつの間にかMCの時に座って休息できるジャニ魂仕様の身体に
なっちゃってるアタシに気がついたよ…とほほ


拍手&コメント下さった方、ありがとうございました。
いつも心の糧にさせてもらってます。
レスがだいぶ溜まっちゃってごめんなぱい…
今晩中には打ち終えるかと思いますので。
よかったら明日朝にでももう1度、覗いてみて
くだぱいねっ


グローリーデイズ

2008.09.21 *Sun
なかなか更新が出来ずごめんなさい(^o^;)
「ながい愛」の後に、すぐかつかつ・友近編の感想を
載せようと思ってたんですが…
まだエントリー書きかけのままで止まってます…とほほ(;_;)

さて。
明日(日付は今日)は待ちに待ったB'zのライブで、
日産スタジアムに行ってきます!
B'zは、日々の生活を音楽と共に活きるというライフスタイルを
アタシに与えてくれた、かけがえのない人達。
彼らとライブで共有するひとときは、いつもあたしにデッカい
パワーを与えてくれます。

稲葉さんのシャウト。
カラダを反って、天まで突き上げるように歌い叫ぶ瞬間は、
電流が走るような快感です。
松本さんのギター。
時に激しく、時に切なく柔らかく、その音に絡み込まれると
涙が止まらなくなります。

出会えた奇跡。
そのことが既にあたしのシアワセ…

彼らの作り出す空気に思いっきり身を委ね。
明日からまた新たに生きる活力を、カラダいっぱい染み込ませて
来たいと思ってます。

新曲「グローリーデイズ」の歌詞を一部抜粋してみます。

こんな僕に我慢強く 付き合ってくれたよね…

グローリーディズ 一緒にいるだけでいい
奇跡のような瞬間の連続
今日もその柔らかい力に包まれて
ぼくは前を見てる

手をつないでくれた時 生きてくワケを知った

グローリーディ キミに救われた日々
自分の事をちょっと好きになれる
どんなにこの町が姿を変えていっても
この胸に愛はある

命果てる時が来ても燦然と輝く笑顔だけ溢れる

グローリーディ 二度と戻らない日々
胸を張ってここから歩くよよ
どこかできっと新しい虹を見つめている
キミのこと思う
また出会える日を思う


稲葉サンの、相方松本サンに、バンドのメンバーに、
スタッフ…そしてファンのみんなに向けたメッセ。
本当にもう…稲サンったらぁ…泣
ライブ前から涙腺緩みまくりでし(苦笑)


それでは。
いってきーーーっ(^O^)/

ながい愛

2008.09.18 *Thu
聞き慣れないタイトルですか?(笑)
本日は、まずB'zさんのエントリーをあげようかと。
まぁこれが仁語りへと繋がったりするので…(笑)お時間があったら
ちょっとばかりお付き合いくださいませ。

本日、ファンの投票で決定した上位30曲と新曲を加えたB'zのベスト
アルバム、「ULTRA Treasure」が発売になりました。
入手したのは昨日なんですが…
なんだかんだ言ってましたが(笑)只今ヘビロテで鑑賞中です。
仕事場でもね、ああ…こういう楽しみがあるからなかなか今の職場を
辞められないんだけど(苦笑)…ひとりのシフトの時は、好きなCDを
思いっきり聴けるんですよ。
…ついでに仕事もしてます←ついでかよ(^o^;)

さて。
「ながい愛」というタイトルの曲があります。
今から9年ほど前?になるでしょうかね。
「brotherhoot」というアルバムの中に収められていまして。
当時はもう、この曲が好きで好きで…
あれから。
随分と時が経ちまして。
最近は何しろ通常仁事でいっぱいいっぱいですから(笑)
本当に久し振りにじっくりと、この曲を聴くことが出来ました。

   何もかもが飽きたらポイ捨ての時代。
   愛も運命も、まるで天気予報みたいにあやふやで。
   …もっとながい間 愛してくれませんでしょうか。
   初めてのように愛し合い抱きしめ合うことを
   誰もがみな夢見ているのに…

こんな感じでいわゆる稲葉節が続いていきます。

打算と馴れ合いの日常を繰り返し。
自分は元々こういう人間なんだからと
自ら偽る事で、何とかバランスを保つ。
当時のあたしはそんな不安定な日々を送っていましたので、
稲葉さんの歌詞がそこに見事に染み入っていったというか…
夜中に号泣した事を今でもはっきり覚えています。
こんな筈じゃなかった…
昔描いていた未来のあたしは、こんな風じゃなかった…と。
そして。
稲葉さんも同じ場所で、同じ事を思い、同じように泣いている
気がしました。
あたしと一緒に泣いてくれているような気が…しました。

ラストの歌詞がまた、美しいのです。

   いつの日か 世界が消えてしまっても
   瓦礫の中 輝く朝露のように
   美しい気持ちだけを残したい
   そんな気持ちをぼくはあなたに持ちたい


探しても見つからず。
求めても得られなかったものが、これだと思いました。
ロマンチストだと笑われてもいい。
非現実的だと蔑まれても構わない。
あたしはこれを手に入れたかったんだ。
どこまでも透き通って、何ものにも染まらない、ピュアな感情…

この曲に出会って。
そこからまた長い間旅を続けて。
今、あたしは「此処」に居ます。
「此処」とは、仁を思う場所…
仁を想うとき、あたしは限りなくこの「ながい愛」の世界観に
近い場所にいるのではないかと…。
いえ、あくまで近い、です。
この美しい歌詞に当てられたメロディーはどこまでも切なげで。
曲調もバラードではなく、かなりどすの利いたハードロック。
永遠に手の届かない不確かなモノに焦がれつつ、
そんな自分を自嘲気味に歌い上げているようなイメージも
曲からは浮かびます。

でも。
少なくとも今「此処」にいるあたしは、この歌を聴いても
あの日のように、自分を嫌悪して涙したりはしない。
それは多分、今のあたしがあの当時のように、絶えず渇いていて
焼け付くような喉の痛みから顔を背けながら、日々を過ごしていた:
自分とは違うからだと思うのです。
仁の幸せを願い、仁生の成功を祈るこの気持ちは、
「瓦礫の中で輝く朝つゆのように」透き通っていると思うから。

…もしかしたら、似て否なるものなのかもしれない。
それは、全てが終わってからでないと誰にも判断できない。
けれど、それだからこそ人生は面白い。
そんな風に思わせてくれる仁に改めて感謝しています。
それから、そのことに気付かせてくれたB'zさんにも…
この、ありったけの感謝の気持ちを抱きしめて。
21日のライブに参戦したいと思っています。

…21日は我が愛すべきB'zの、ハタチのBirthdayです。


手をつないで仁を、KAT-TUNを応援していきましょう!
ジャニーズブログランキング投票☆よかったら押してってくだぱい!


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




くりおみくじ

ようこそ~☆ ふるふるにいらっしゃいませ! あなたの本日の運勢はいかがかしら? 占ってみてちょ(笑)



FC2カウンター



プロフィール

みずお

Author:みずお
B'zファン歴14年越し。殿堂入りの稲葉サンに加えて現在、赤西仁クンを溺愛中。『anego』での運命の出会いから早6年。全身全霊をかけた『最後の恋』に爆走しつつイタい日記を公開しています。3児のダメ母。長女がブログの大先輩です。リンク&コメント大歓迎です。リンクフリーですが、一言お声を掛けて頂ければこちらからも貼り返します。なお、リンク・コメント・トラックバックはこちらの独断で削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。





最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



月別アーカイブ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブログ検索



ランキング投票参加中!

ジャニーズブログランキング



じんじんのお部屋



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



Copyright © ふるふる All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。