06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリボズ覚書PART2!

2006.01.08 *Sun
みずお、6日が仕事始めでございました。
事務所に入るなり、固まりました~

…こりゃ、私が休みに入った年末にかなり格闘したらしいね、営業クンたち(苦笑)

うちの事務所、年末に一人抜けて一人入ったんですよ。
で、机の位置を移動して、一年間の様々な垢だのゴミだのゴミだのゴミだの(以下同文)を洗い流そうとして…失敗した感じ?(笑)
結局仕事始めは一日事務所の大掃除でした。
ま、いつものことだけどね。

こんな風に、身体はすぐに現実の歯車の中に組み込まれ、途端にいつもと同じ速度で回り始めましたが。
やっぱりみずおのハートは、今でも帝劇のあのシートに縛り付けられたままです。
まるで身体と心が分離しちゃったみたいだ~
永遠にこのひとときが続けばいいのに…と思う程の瞬間って、そう簡単にあるもんじゃないですよね。赤の他人の人生の中にそういうひとときを作ることが出来る、それだけの威力が自分達にはあるんだってこと、メンバーはもっともっと自負しちゃっていいと思うな。
充分『Ten-G』でいいと思うよ、それがキミ達の明日への活力になるなら。

それでは。
レポもどきな覚書PART2に行きたいと思います。
前回同様ネタバレの危険性多分に有りです、どうぞその点ご承知おきくだぱい。

前回の覚書の最後に、意味不明な予告編書いちまいましたが(苦笑)

…あのね。
みずお、ちょっとだけジマンタレブーになっちゃっていいっスか。

実は…みずお母娘、なな、な~んと。
二人して亀ちゃんと聖にいじられちゃったんですよ~!

劇中、亀ちゃんと聖が二人して橋の上に立って語り合うシーンがあるんですよ。重要な事を語る前にお客さんを掴んでおくみたいな感じで、ちょっとアドリブトークする部分があって。
セリフはこんな感じなんですが…

亀「いやぁ、なんかいい眺めだな~…一面女子ばっかだ」
  (橋の上から客席を見渡して)
聖「女子ってお前、高校生じゃないんだから…っつ~か、ここは海って
  設定なんだぞ」
亀「あ、そうか。ここ、海なんだ。…じゃさ、これってみんな魚だったんだ」
聖「そうそ、みんなエラ呼吸してるんだぜ」

…と、ここから亀聖の二人が客席をいじり出すんです。
じゃ、あの帽子被ってる子は?あそこにいる子は?…な~んてセリフを呑気に聞いてましたら。
客席を物色してた亀ちゃんの視線が…

うわっ!こ、こっち向いた!

はうっ! 目…があっちゃったYO

と、その瞬間。

亀「あ、じゃそこの眼鏡かけてる人は?」
  (みずおは黒ブチのメガネ着用してました)
聖「あれは~マスオさんだな」
亀(娘の方を指して)
 「じゃ隣りにいるあの子は?」
聖「ああ、あれはイクラちゃん!」
亀「そうか。マスオさんとイクラちゃんか~」

…とまぁ、ほんの一瞬ではありましたが、二人にいじって頂いてみずお母娘、もう天にも昇る心地でしたよ~
これで思い残すことはありましぇん…(おおげさ)
もし、橋の上のシーンで二人にいじってもらう事ご希望の方は、奇抜な帽子とかメガネとか変顔とか(笑)是非ひと工夫を加えてみてくだぱい!

とにかく亀ちゃん、聖クン。
サンクスでした~!


だけどさ。

…あれ?
マスオさんの子供ってイクラちゃんじゃなくて…
タラちゃん…じゃなかったっけ?

ねぇ、聖クン??(爆)




え~、それでは気を取り直して。

みずおがチョイスした見所を、メンバー別に記してみたいと思います。

まずはじゅんのから。
何と言っても彼はサーカスの大車輪でしょうね!
あれね、テレビなんかで観てると結構余裕で回ってるように見えますよね。でも実際手を放したり体勢を変える時に一瞬のタイミングを外すと、頭ごと車輪の下敷きになっちゃったりしそうな、かなり高度な技術を要する芸だってことが分かりました。
あれは、どんな運動も卒なくこなすじゅんのにしか出来なかったでしょうね。
ハラハラドキドキ、何度も「危ないっ!」って声をあげてしまいました。
ダンスも相変わらず指先足先までキマっててかっこよかった~
海賊帆みたいなソロの見せ場がなかったのがちょい残念だったかな…


たっちゃんはね…
すぐ横を通っていったんですが、横顔がゾクっとするほどキレイだったです。
だけど、肩口から腕にかけての筋肉、やばいくらいオトコでした!腹筋もちゃんと割れてた!(おばさん、目線がかなりイヤラシイです)
本当に鍛えてるんだね、たっちゃん。
役柄もそれに合わせて…なんでしょうか。鉄砲玉っぽい、ちょっとやんちゃな性格で。今までなら違和感があったのかもしれないけど、すでに『男たっちゃん』への肉体改造が出来てる今回は、全然違和感なかった。
でも…やっぱ妖しい美しさは、健在でした~
あと、そんなに何度もなかったけどソロパート聴いて…
たっちゃんすごく歌うまくなってるなぁって。
ピッチが正確になってる、驚きました。

お次は聖とゆっち。
何故二人一緒かというと。
二人でやるパフォーマンスが多かったから(笑)
ピエロのところでは二人の掛け合いがまた楽しかった~和みますよね、彼らはホント。
でも本当はピエロの役って難しいんだよね。
舞台でお客さんとやりとりしてる時、みずお分かっちゃいました。
聖の手がね、震えてたの。
アドリブ交えながら、客席を自分達のペースに巻き込んでいくのって想像以上にパワーがいるんだろうなって思いました。
あと、聖もゆっちも踊る時に客席をガン見しますよね。
あれ、ドキっとします。
ついつい仁クンばっかり目線がいっちゃって…すると「こっちも見やがれ」的な視線を突き刺してくる…みたいな。
多分、あの視線にやられちゃうファン、多いんでしょうね。


そして亀ちゃん。
今回驚いたのは主役にも関わらず、ステージからどっと流れ込んで来る亀ちゃんの揺るぎない自信と余裕でした。
野ぶた。は亀ちゃんを一回りも二回りもデカくしたんですね。
アドリブトークの部分に特にそれが感じられました。
一度だけ。サーカスの吊り輪みたいな2本のロープ操るところでは、亀ちゃんの緊張した息遣いが聞こえてきましたが。ハードワークの中であれだけの大技を成功させるには、余程強い精神力とずば抜けた運動神経がないと無理ですよね。
本当にすごい人だと改めて感心しちゃいました。
それから、ショータイムの『青春アミーゴ』
アンダルシア的に始まったアコースティックバージョンのアミーゴにはもうひたすらうっとり…山Pとの共演はテレビで何度も見てその度にユニゾンのかっこよさに見惚れていたんですが。
ソロのアミーゴ、まさに圧巻でした。
非の打ち所がない、もう完璧なステージングでしたよ。
あの一曲だけで、例えば一流ホテルの何万もするディナーショーのチケットが販売できる!それ程の価値があったとみずおは思います。
亀ちゃんファンの娘にあれを観せてあげられて本当によかった~

最後に…仁クンです。

…えっと。
確か舞台が苦手とか言ってませんでしたか?


…どこが、ですか?(爆)

もう、立派なもんじゃないっスか~!
確かに、後から新たに加わった役どころですから、アカニシ像を構築するのは相当難しかったんじゃないでしょうか。
一度境界線を引いてしまうと、他人のエリアには決して入りこもうとしない…だけど内面はすごく熱くて、周囲を人一倍観察して理解してる…そんなアカニシの性格は仁クン自身と大いに重なる部分がありましたね。
疑問を投げかけたり、ポイントを拾い上げたり、語り部的な要素もアカニシには要求されていて。
それって感情を抑えて、しかもインパクトだけは伝わらなきゃいけないから、すっごく大変だったと思います。
みずおはすごいっっ!て、マジにマジに思いましたよ。
大好きな曲『care』も劇中ですごく効果的に使われていて、仁クンの熱唱に身体が、心まるごとが震えました。
あの熱唱でアカニシ像が全て伝わりきったんじゃないかな。

すばるくんにいじられて仔犬みたいにうろたえる仁クン。
その後ふわりと笑顔になって、袖に消えていった仁クン。
アドリブトーク部分でいっぱいいっぱいだった仁クン。
ショータイムで一気に爆発させる仁クン。
なんだかもう、永遠に消えない仁クンフィルムが頭の中でぐるんぐるん回ってるんです。

『ha-ha』もう一度ちゃんと聞きたいと思ってた。
追々加コンではあんまり刺激強くて、ぼ~っとなってたうちに気が付いたら…終わっちゃってたから(苦笑)最初の吐息のところがカットされてたから、横アリよりちょいコンパクトな仕上がりでしたね。
もう、なんちゅうか…圧倒させられましたね。

…こ、この人、ダンスうまっっ
誰が苦手だって言ってんだよ?(ホンニンです)

指先から足の先まで正確で計算されたダンスでした。
私、女の子ではBoAのダンスなんか結構好きでよく見るんです。正確でエロチックで鍛錬から生まれた職人芸ですよね、彼女のダンスって。あのBoAのダンスを3倍速で見たような…
あ~なんか、うまく言えないなぁ。
仁クンのダンスは、女性じゃないけど女性が踊るときに醸し出すエロティシズムが滲み出てるようなダンスなんですよね。
堅い、険しい、逞しい、骨太…
男の人に当てはまるような形容句が仁クンのダンスには当てはまらないんです。あんなに芯はオトコなのに!

英語の発音もどんどん上手くなってますね。
これってハリウッド睨んでますかね、やっぱり…
イケる、イケますよ
今回は倒れるの我慢して、最後までエロ腰仁様を堪能させて頂きました。
ごちそうさまでした~



なんかこれ書き出してから丸二日経っちゃってます
見直してるとどんどん手直ししたくなってしまって。
このままじゃいつまで経ってもアップ出来そうに無いので、一度思い切ってアップさせちゃいますね。


仁クン、大しゅき~



スポンサーサイト
| KAT-TUN |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




くりおみくじ

ようこそ~☆ ふるふるにいらっしゃいませ! あなたの本日の運勢はいかがかしら? 占ってみてちょ(笑)



FC2カウンター



プロフィール

みずお

Author:みずお
B'zファン歴14年越し。殿堂入りの稲葉サンに加えて現在、赤西仁クンを溺愛中。『anego』での運命の出会いから早6年。全身全霊をかけた『最後の恋』に爆走しつつイタい日記を公開しています。3児のダメ母。長女がブログの大先輩です。リンク&コメント大歓迎です。リンクフリーですが、一言お声を掛けて頂ければこちらからも貼り返します。なお、リンク・コメント・トラックバックはこちらの独断で削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。





最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



月別アーカイブ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブログ検索



ランキング投票参加中!

ジャニーズブログランキング



じんじんのお部屋



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



Copyright © ふるふる All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。